So-net無料ブログ作成
検索選択

ベビーバス

赤ちゃんが安心してお風呂に入れるようするためにベビーバスがおすすめです。
新生児の赤ちゃんに使用するものですが、一緒にお風呂に入れない時、まだ不安な時にベビーバスを使います。

お風呂タイムは、お母さんも赤ちゃんも格闘です。お風呂を怖がる赤ちゃんは結構います。
怖がる赤ちゃんをきれいにするお母さんは大変ですよね。
最近では、赤ちゃんがゆったり入れるサポートつきで体が浮かないようにフィットするベビーバスや、赤ちゃんの体がずれないストッパーつきのベビーバスがあります。
ベビーバスを固定する吸盤、赤ちゃんの体重に合わせた適量メモリ、お母さんをサポートする肘受けがあると便利です。
Amazonでは、全国へ配送料無料で購入できます。ご購入は、Amazonがおすすめです。

 

ベビーバスは、新生児の赤ちゃんを入れるお風呂です。
へその緒が乾くまでの間は大人と一緒のお湯につかることができないので、ベビーバスを使います。
基本的にはお臍が乾いたら、パパやママと一緒にお風呂にはいっても大丈夫なのでそのくらいまでの時期でしょうか。
だいたい1ヵ月~2ヶ月くらいといわれています。

1~2か月のためだけにわざわざベビーバスを買うのはもったいないと思われるかもしれません。
しかし、赤ちゃんをお風呂に入れる作業は簡単なことではありません。
赤ちゃんからしたら、体を洗われたり、お湯につかるなんてことは得体の知れないもの。
恐怖以外のなにものでもありません。
そんな怯える赤ちゃんを洗うのにいかに神経をすり減らすか・・・。
沐浴にまだ慣れていない新米ママにとって、赤ちゃんの沐浴はドキドキの連続です。
沐浴にまだ慣れていない方にとって、赤ちゃんの沐浴は不安で、しかも意外に重労働でもあります。
安心・安全なお風呂タイムにするために、ぜひベビーバスを使っていただきたいですね。

ベビーバスはいくつかのタイプがあり、大きくはプラスティック製のミニサイズのお風呂タイプのものと、シンク(流し台)において使うタイプがあります。

最近では、ビニールタイプのものが人気を集めています。
ビニールータイプのバスタブだと使用後は空気を抜いてしまえば場所をとらないし、軽いので持ち運びに便利です。
なにより、ふかふかして赤ちゃんが手足を伸ばしても痛くないので安心だと思います。
ベビーバスの購入を検討されている方は、快適なお風呂タイムのためにぜひとも購入の方向で考えていただきたいですね。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。